2018年12月10日月曜日

寒い夜は『お風呂であそぼう!』

 これからの寒い季節におすすめの、簡単にお風呂でできる遊びを2つ紹介します。
 一つ目は、スーパーなどで手に入る食品トレイを使ってのあそびです。油性マーカーで魚や動物など好きな形に絵を描いたら切り取ります。それをお風呂にプカプカ浮かべてごっこ遊びをしたり、魚釣りをすると楽しいですよ。お風呂の壁がタイルだったらペタペタ貼って遊ぶこともできます。
 二つ目は、ガーゼのハンカチや薄いタオルを使って湯船であそぶのも楽しいです。
湯船の中で濡らしたガーゼに空気を入れて膨らませます。ガーゼの膨らみを囲むようにしてそーっと 握り、ガーゼ風船の完成です。空気の入ったガーゼ風船を握ると「ブクブク」音や泡が出るのが楽しく、握ったときのふわふわの感触がとても気持ちいいですよ。
 寒い夜のお風呂は、楽しく遊びながら、親子でゆっくり温まってくださいね。
       *ハサミを使う時はケガのないよう気をつけてください*
 
 

2018年12月3日月曜日

緑茶うがい

 寒さが一層増し、乾燥しやすいこの時期、感染症が気になる季節になってきました。それでも寒さなんてへっちゃらな子どもたちは、毎日外であそぶことを楽しみにしています。
 そこで今回は、うがいについて効果的な飲み物をご紹介します。1番は、やはり「緑茶うがい」緑茶に含まれるカテキンが殺菌作用の役割をして、新たなウイルスや 殺菌を侵入しにくくしてくれるそうです。他にも、ほうじ茶・紅茶・ウーロン茶でも効果的なんだとか。また、「冷たい」よりも「温かい」方が良いそうです。緑茶うがいは、保育園でも子どもたちが水筒に入れ、持ってきて実践しています。まだうがいのできない小さな子には緑茶を飲むだけでも効果的ということです。他にも、生姜汁や塩をぬるま湯に混ぜてのうがいも効くそうです。ぜひ、効果的な飲み物を用いて感染症を防ぎ、元気な身体作りをしていきましょう。

2018年11月26日月曜日

秋って楽しい!

秋になり、子どもたちは公園や神社に散歩へ行くと落ち葉やどんぐり、杉の実をお散歩バッグいっぱいに拾い楽しみました。お家でも休みの日にどんぐり拾いをした方もいるでしょう。そこで今回は拾ったどんぐりや落ち葉で遊べるものをいくつか紹介していきます。
・どんぐりのマラカス
拾ったどんぐりをペットボトルなどに入れるとマラカスになります。量を変えると音が変化しておもしろいです。フタを開けないようにしっかりテープなどでとめましょう。
・落ち葉を画用紙に貼って遊ぶ
動物や顔などを表現できて楽しいですよ。
・どんぐりのコマ
工作の前に5~10分蒸すと中にいる虫を退治できます。きりで穴を開け、つまようじを刺すだけで簡単に作れます。
他にも秋ならではの遊びがたくさんあります。子どもの想像力はおもしろく、大人では考えつかないものも表現してくれます。お休みの日に秋の自然に触れる遊びを楽しむのもいいですね。

2018年11月19日月曜日

11月は児童虐待防止推進月間です。「未来へと 命を繋ぐ 189(いちはやく)」

① 「児童虐待防止推進月間とは。」
 全国において、児童虐待相談対応件数は年々増加しており、平成29年度の全国の児童相談所における児童虐待対応件数は13万件を超えました。子どもの生命が奪われるなど重大な事件も後を絶たない状況です。児童虐待問題は社会全体で解決しなければならない問題となっています。            
 このような状況を踏まえ、国は、毎年11月を「児童虐待防止推進月間」と位置づけ、集中的な広報、啓発活動を実施しています。

② 「虐待!?と思ったら・・・」
 児童虐待を受けたと思われる子どもを発見した方は、速やかに通告(相談)する義務があります。
 その際に、虐待かどうかを判断する必要はありません。
 次のようなことに気づいたら、すぐに家庭児童相談室や児童相談所、お近くの民生児童委員、または主任児童委員へご相談ください。

・子どもの泣き叫ぶ声や保護者の怒鳴り声がする。
・子どもに不自然な傷が多い。
・子どもの衣服や体がいつも極端に汚れている。
・小さな子どもを置いて頻繁に外出をしている。

 市や児童相談所で専門の職員が調査・相談・指導を行います。
 相談した方の秘密は守られます。
 皆さまからの一報は子どもやその家族が明るい未来を過ごせる機会になります。
 ご協力をお願いします。

通告(相談先)
富士宮市家庭児童相談室 0544-22-1230
静岡県富士児童相談所  0545-65-2141
児童相談所全国共通ダイヤル 189(いちはやく)

2018年11月12日月曜日

「ファミリー・サポート・センター受託会員講習会」受講生募集及び「たすき帖」の配布について

○「ファミリー・サポート・センター受託会員講習会」受講生募集!


 富士宮市のファミリー・サポート・センター(通称:ファミ・サポ)では、受託会員講習会の受講生を募集しています。(この講座は、毎年2回開催しており、今年度2回目の講習会です。)
 「ファミ・サポ」とは、仕事と育児の両立支援のために、子育ての手助けをして欲しい人(委託会員)と、お手伝いしたい人(受託会員)が会員として登録し、育児サービスの活動を支援する会員組織です。(今回の講座は、受託会員となるために必要な講座です。)

 講習会の詳細は、下記のとおりです。

 1 日 程 :平成31年1月28日(月)~2月1日(金)の5日間

 2 会 場 :富士宮駅前交流センターきらら   

 3 内 容 :子どもの栄養と食生活・発育と病気と手当て・障がい・心の発達とその問題・
           世話と遊びと保育の心・安全と事故・保育サービスを提供するために等

 4 申込方法:電話または子ども未来課窓口にて受付中!
 
 5 締 切 :平成31年1月15日(火)まで

 6 連絡先 :富士宮市ファミリー・サポート・センター(子ども未来課内)
             Tel:(0544)22-1268(直通)


○今年度も「たすき帖」を配布します!


 昨年度に引き続き、平成26年4月1日以降に生まれたお子様の保護者を対象に「たすき帖」を配布します。子ども未来課の窓口までお越しください。

「たすき帖」とは・・・
 お子様が成人するまでの日々の成長記録や子育てに対する親の想い、そして、お子様に伝えていきたいメッセージをまとめられるノートです。

 詳細は、下記のとおりです。

 1 対 象:平成26年4月1日以降に生まれたお子様の保護者

 2 場 所:子ども未来課

 3 持ち物:母子手帳(受領印を押させていただきます。)


                           子ども未来課 子育て支援係
                           Tel:(0544)22-1146