2012年1月11日水曜日

やさしい心

 体の異常を感じ病院に行くと、年齢を問われるようになってきま



した。何だか情け無い気もしますが、自己管理に気をつけながら



頑張っています。ある時、私の体調を知り、優しい言葉をかけて



くれる2才の子ども達です。「先生ー大丈夫?」「もうなおった?」と



毎日気にして声をかけてくれます。



「ありがとう、早く直すように頑張るよー」と言うと、納得したように



遊び始めます。ちょっと咳をしても「大丈夫?」と子ども達の優しい



言葉、家庭で大切に育ててもらっているんだと感じます。



子どもとゆったりと接し、良い事、悪いことはしっかり知らせていく



時を作ってあげられたら、どの子も心優しい、良い子になるんでは



ないでしょうか。難しい時代を楽しく過ごしていきたいですね。