2012年5月22日火曜日

スカイツリー





ここ数年家族3人特に自分が胃腸炎に何度もかかっているので、少し胃腸炎について調べてみました。


胃腸炎は、お腹の風邪ともいわれています。


症状としては主に下痢、嘔吐です。嘔吐は胃に入った有害物を出す働きだから吐くのを止めようとするのはお勧めできません。
特に子どもの場合は吐いたときに吐いた物でのどを詰まらせないようにすることが大切です。
それには吐く時は抱き起こして背中をさする、いつ吐くかわかんないときは、


上体をやや高く寝かせて、顔を横向きにしておくといいようです。
胃腸炎になってしまったら家族内等で移し合わないよう、子供の吐いたもの、食べ残し、よだれ等を触らないこと。


最後に大事なことは、感染予防を徹底して、最小限の被害にすることと思います。


【24年5月22日はスカイツリーの日】