2015年5月7日木曜日

大切な時間

私の娘が小さい頃にしていた絵本の読み聞かせ。
気に入って何回も繰り返し読んだのは『せきたんやのくまさん』でした。そんな娘たちも小学生となり、読み聞かせもしばらく遠のいていましたが、少しの時間、余裕のある週1回、眠る前に絵本を読んでいます。その間はまだ残っている山ほどの家事を忘れて、子どもたちとのんびり過ごすことのできるとても素敵なひとときを大切にしています。今はいろんなお話を読んでいますが、思い出として大きくなっても心に残っていてくれたらいいなと思います。「もっと読んで~!」「面白い」「次は?」といくつになっても読み聞かせは嬉しいものなんですね。