2015年6月15日月曜日

まごわ(は)やさしい

 「まごわ(は)やさしい」という言葉をご存じですか?
今、話題の食育。食事のバランスって何だろう?どうやったらいいのかな?と思う方いませんか?
「まごわやさしい」は、いつもの食事に少しプラスするというやり方で、簡単に必要な栄養を取り入れられるんです。
 「ま」・・・ま め→豆製品、大豆、小豆、みそ、豆腐
 「ご」・・・ご ま→ゴマ、ナッツなど
 「わ」・・・わかめ→海藻類、わかめ、ひじき、のりなど
 「や」・・・野 菜→野菜類、葉野菜、根菜など、できれば赤緑白
 「さ」・・・さかな→魚類、切り身の他、小魚、貝類など丸ごと食べられるもの
 「し」・・・椎 茸→きのこ類、シイタケ、エノキ、マッシュルームなど
 「い」・・・い も→イモ類、ジャガイモ、さといも、かぼちゃなど
 今の食事を大きく変えるのは大変なので、足りないものをプラスするというように、気軽に考えていきます。
我が家の場合は、ごまが足りなければ、ご飯にゴマ塩やサラダにトッピング。魚を焼くのに大変な時には、しらす。
野菜、わかめは、みそ汁に入れたり。簡単に考えてみては・・・。まずは、ご飯とみそ汁。
ご飯とみそ汁とがあれば簡単に全種類そろいます。
小3、小5の子供たちも学校で習ったようで、「まごわやさしい、こ」と最後に「こ」を。「こ」は米。というのを教えてくれました。
やはり、ご飯とみそ汁ですね!