2015年8月3日月曜日

何度もチャレンジする・・・

 「作って!」と言って折り紙の本と一枚の折り紙を、毎日持ってくる子がいます。「一緒に作ろうか」と、いつもその子とやり取りしながら作っていました。だんだん上手になってきたのである日「どうやって作るのかな?」「どこまでなら出来そう?」と聞くと「え~出来ないよう!」と言いながらも真剣な表情で取り掛かりました。「う~ん。やっぱり難しい。やめた。と言いその日は直ぐに諦めてしまいました。しかし次の日もチャレンジ、その次の日も…。時々「ここはこう?」と確認に来たり「こうすればいいかな?」などやりとりをして…。4日目にようやく完成!!「見て見てーできたよ。すごいでしょ。」と得意げに、満面の笑みを浮かべていました。まわりにいた友達も「すご~い!1人でできたの。」と、びっくり!毎日の努力をみていた私も感動しました。その日以来「ぼく何でも作れちゃうよ。」と大人でもちょっと難しいなと感じるものも折れるようになり、まるで折り紙名人です。私はこの時、その子の成長に目を見張りました。諦めないでいろいろと考え、工夫し、チャレンジし続けたことがその子の自信にも繋がったのだと感じました。失敗しても諦めないでチャレンジし続けること。まわりの大人はその子の力を信じて見守り、時には一緒になって考え、応援することが大切なんだな、と改めて感じました。