2016年10月11日火曜日

秋の散歩にでかけましょう♪

 秋雨前線や台風でお日様が恋しかった9月。久しぶりの晴れ間に乳児組は散歩に出かけました。前回散歩に行ったのは初夏で、田んぼには緑の稲がフサフサしてカエルの合唱が聞こえる頃でした。
 2歳児のSちゃんは「オタマちゃん(おたまじゃくし)いるかな~?」と歩き始めましたが、田んぼが干上がり、おたまじゃくしどころかカエルの合唱も聞こえません。「Sちゃん、これねお米だよ。ごはんになるんだよ。」と保育士の言葉に、「ごはん?」と不思議そうに首をかしげるSちゃん。
 1歳児は、以前乳母車に乗っていた子が降りて歩けるようになり、保育士と1対1で手を繋がなくては歩けなかった子がお友達と手を繋いで歩けるようになっていて、ここ2か月の成長は目を見張るものがあるとひしひしと感じました。
 コスモスの花が揺れ、時折涼しい風が吹く中を「赤とんぼ」の合唱が響きます。色とりどりの草花や木々、そして見つけたものを興奮気味で教えてくれる子どもたちの笑顔。ちょっと自然の中に出ていくだけで普段と違う発見がきっとあると思います。時間をみつけて秋の散歩に出かけてみましょう!