2017年1月4日水曜日

癒し

 ちょっと前のことですが、長女(10歳)が子犬を飼いたいと言い出し、いろいろなことを自分でするつもりなら探してみなよと言ってみました。1ケ月くらいの間、新聞の「犬あげます」欄を探したり、市役所などに問い合せをしている姿を見て、普段とは違う真剣な様子が確認できたので、柴犬の子犬を買ってあげました。とてもかわいい見た目とは裏腹に、うんちやおしっこがうまくできなかったり、夜に甘えて鳴いたり、甘噛みが本気になって血が出るまで噛んだり、子犬なので怒るわけにもいかず、みんなでトホホとなることがありました。それでも、トイレを教えたり、お風呂に入れてみたり、散歩にいったり、日々の生活の中で触れ合う機会が増え、積水ハウスのCMのように人生が広がっていく感じがしています。今では、指定された場所でのトイレなど少しずつできることが増えていますが、うまくできると、みんなで「いー子、いー子よくできまちた」なんて違った声色でほめてあげています。子どもたちも子犬を育てることでお兄さんやお姉さん気分を味わっていて、知らず知らずのうちにみんなで癒されています。この様子は、まるで子育てをしているみたいですが、みなさんも子どもの成長に一喜一憂しなががら、いっぱい癒されてほしいと願っています。