2017年3月13日月曜日

桃の節句

 3月3日はひな祭りですね。♫あかりをつけましょ ぼんぼりに~ お花をあげましょ桃の花~♪
 誰もが知っている「うれしい ひなまつり」の歌。この時季、自然に口ずさむのは私だけでしょうか。
 保育園では、毎年各歳児に合わせたおひな様をそれぞれが工夫して作ります。折り紙・千代紙や染め紙を折ったり、トイレットペーパーの芯を土台にしたりなど、ぼんぼりや桃の花に至るまで力作が揃います。本来、桃の節句は女の子のお祝いですがおひな様つくりは形になるに従い、男の子たちも「これ、僕が作ったんだよ!」と本当にうれしそうに教えてくれます。そして、全クラスのおひな様を一堂に飾り付けると圧巻です。その前でひな祭り会が行われます。園長先生から由来の話を聞いたり、歌ったり、年長の女児が着物を着て踊ったり、白酒(カルピス)やひなあられをいただきます。普段は元気いっぱいの女の子たちですが踊る姿はしなやかで可愛く、おひな様に変身したようです。その姿をうっとり見つめるこども達。ほほえましいひと時です。
 古来から伝わる行事の一つとして、これからも続いていってほしいなと思います。