2017年6月2日金曜日

だいすきなあそび

晴れ渡った空に、新緑の青葉。すがすがしさを感じる季節になりました。私は、0歳児クラスの担任をしています。4月当初は新しい環境と生活から泣いている時間の方が長かった子どもたち。1ヶ月が経ち、少しずつ保育園での生活にも慣れてきました。おもちゃのちゃちゃちゃの歌を保育士が口ずさむと、音の鳴るおもちゃを歌に合わせて鳴らしたり、棚の影に隠れて「ばぁ~」と自分でいないいないばぁをしてみたり、おやつの時間が近づくと、「おやつが食べたい!」とアピールするようにハイハイして椅子に寄ってくる子もいます。そんな子どもたちの姿をみて、成長を感じています。今日は子どもたちの大好きなわらべうたを紹介したいと思います。「おちょず」おちょずおちょずねんねつぼねんねつぼかいぐりかいぐりかいぐりこおつむてんてんアワワワワァー〈遊び方〉おちょず=手を4回たたく。ねんねつぼ=片方の手のひらを、もう片方の人差し指で4回つつく。かいぐり=両手をグーにして交互に回す。おつむてんてん=両手で4回頭を触る。アワワワワァー=手のひらを口に当てる。まだ歌に合わせて一緒に!とまではいきませんが、さっきまで泣いていた子がぴたりと泣き止みじーっと真剣に見ていたり、ニッコリと笑顔になったり、ふとした時に自分でアワワワワァーの仕草をして楽しむ様子も見られます。まだうまく手のひらを口に当てることができなくて、すこしぎこちなく一生懸命に手の甲をおしゃぶりするようにアワワ~と声を出している姿は、とても可愛いので是非やってみてください。