2017年7月3日月曜日

おいしくな~れ、梅ジュース

梅の実をたくさん頂いたので、子どもたちと梅ジュース作りをしました。「梅ジュース作るには何が必要でしょうか?」という問いに、「入れるビン」「甘いからお砂糖」「水も入れる」「違うよ、氷砂糖を使うんだよ」と、家で作ったことのある子が教えてくれました。作り方は…
まず梅を洗い、爪楊枝でヘタを取ります。(爪楊枝が折れてしまい大変でしたが、がんばりました!)もう1度きれいに洗い、水気をしっかり取ったら、梅と氷砂糖を交互にビンに入れて、食酢を少々…。涼しい暗い場所に置き、時々ビンを振り、混ぜると1ヶ月くらいで完成します。氷砂糖を見て「きれい」「あめみたい」と目を輝かせている子もいました。毎日「シェイク、シェイク♪」とスマップの♪シェイク♪の歌に合わせビンを振り混ぜています。「今日まだシェイクやってない!」と催促されることもあり、梅ジュースの出来上がりを楽しみに「おいしくな~れ」と歌っています。
初めは青かった梅が茶色のしわしわになり、氷砂糖が溶けてなくなったり、梅シロップが増えてくると、「ジュースになってきたー」と喜んでいました。
今、飲み物の購入は簡単にできますが、毎日ビンの中の変化を観察したり、梅ジュースの完成を心待ちにするステキな時間を親子で体験できるといいですね。