2018年6月25日月曜日

寝かしつけのお共に子守唄

 「子どもが寝付かず、イライラしてしまった。」・・・こんな経験ありませんか。こちらが寝てほしいと思うときこそ、目が冴えてしまう時ってありますよね。そんな時には、子守唄をうたってみませんか。
 子守唄には、子どもにとって良い影響がたくさんあります。まず、子守唄を聴くことで「テストロン」というホルモンの分泌量が下がり、心身共にリラックスして子どもが眠りやすい体勢に入っていくことが出来るそうです。また、心拍数が下がって子どもの苦痛度が下がったり、言葉の発達を促すなどの研究結果も発表されています。更には、子守唄をうたう大人の方も、声を出すことでストレスの軽減に繋がるそうなんです。
 ぜひ、毎日の寝かしつけの習慣に子守唄をうたってみてはいかがですか。たくさんの子守唄がありますので、うたっていく中で お気に入りの1曲が見つかるかもしれませんよ。